債務整理の種類

借金を解決する方法と言えば債務整理ですが、実際にはいくつかの方法が存在します。それぞれの方法に特徴やメリット、デメリットがありますし、最適な整理方法も異なってきますから注意が必要です。まず最初にご紹介する方法は任意整理で、これは債権者と話し合うことで借金の減額や返済方法の見直しなどを行う方法となります。利息制限法に基づいて利息を再計算することになるため残高の減額が見込めますし、利息を多く払いすぎているときは過払い金の請求もできます。

方法特定調停は簡易裁判所で債務者と債権者が将来的な分割支払いの方法について話し合うという解決方法です。借金の額を少なくできますが、実際にはデメリットも多いためあまり利用されないことが多いです。個人再生とは借金の一部を原則3年間で支払うことを条件として残債の返済を免除してもらう方法となりますが、継続的な収入が必要など条件があります。もっとも有名とも言える自己破産は借金をすべてチャラにすることができますが、借金の原因がギャンブルなどの場合は免責が下りないこともありますから注意が必要です。このように、一口に債務整理と言っても4つの方法が存在しますからそれぞれの特徴を覚えておきましょう。