自分で解決する方法

誰にも頼らず自分の力で借金問題を解決したい、と考えている方もおられるでしょうが、その場合だと選択は大きく分けて二つあります。一つは自分ですべての借金を返済する方法で、必死になって働き収入のほとんどを支払いに回すことになります。実際こうして問題を解決した方もおられるでしょうが、失うものも多いのではないでしょうか。無理に働いてしまい体を壊してしまっては元も子もありませんし、そこまで頑張れるかどうかも疑問です。払っても払っても借金が終わらないという現実に疲れ果ててしまう可能性も十分あるでしょう。

弁護士また、任意整理や調停を自分で行うという方法もあります。債務者である自分が債権者と話しあうことによって借金の減額や支払い方法の見直しをしてもらうということですが、これもあまり現実的ではありません。貸金業者や金融機関のほうが債務者よりも上手ですし、素人を相手にそう簡単に借金の減額などをしてくれるはずはありません。うまく丸め込まれてしまうのがオチですし、もしかすると余計悪い条件を飲まされてしまう可能性もあるのです。では、自分で解決できないとなるとどうすればいいのかということですが、もっともおススメなのは弁護士への相談です。